バリアフリーのリフォーム工事

介護のためだけでなく、将来のためにも、バリアフリー工事をおすすめしています。

補助金制度などのご利用も含めて、ご相談承ります。

バリアフリー工事に、補助金20万円!

介護保険制度には、在宅サービスの中に「住宅改修費の支給」というものがあります。 
要支援・要介護の認定を受けた人(家族)が住宅整備のためにリフォームする場合、市町村に申請すると住宅改修費として20万円を限度に支給されるというものです。ただし、1割は自己負担になります。したがって、住宅改修費として支給されるのは、実質18万円までです。

【対象となる工事】 
1.手摺の取付 
2.段差解消 
3.滑り防止のための床材の変更 
4.引き戸などへの変更 
5.洋式便器などへの取替え 
6.上記1~5の改修工事に付帯する工事

地方自治体でも住宅改修に対して補助金を支給

要支援・要介護認定を受けることができなかった 65才以上の人に対して、地方公共団体では独自の「住宅改修費支給サービスを行っています。補助金額は自治体によって異なりますので、ご相談ください。

要介護認定を受けている人 に対し、介護保険の「住宅改修費」とは別に住宅改修に対して補助金を出す自治体もあります。

身体障害者手帳を持った人 にも、住環境整備のための補助があります。

高齢者が自宅で自分らしく安全に快適に生活するために、介護保険制度や地方自治体の補助金制度、身体障害者手帳の補助制度などを積極的に活用して住宅改修を行ないましょう。

手続きが、面倒。そんな時は、当社にご相談ください。

役所に提出する書類から、提出まで代行いたします。


B邸のバリアフリーリフォーム

居室から車いすで出入り出来るように庭にスロープを付けました。

A邸のバリアフリー工事

生活動線のところに、手すりをつけました。

玄関→廊下→リビング→トイレ→浴室→階段